防災・災害への取り組み


  • 保安体制

  • 厚木ガスでは、いつでも安心をお届けするために、24時間の保安体制をとっております。

    緊急出動体制

    ガス漏れや火災等の緊急事態に備え24時間・365日本社にて社員が待機し、いつでも緊急車両で出動できる体制をとっております。

    監視システム

    お客さまに安心してガスをお使い頂くために、ガスの受け入れ、ガスホルダー、整圧器の圧力や流量を24時間監視し管理を行っております。

    ガス導管網の維持管理

    法令に基づきガスパイプラインを検査し異常がないか確認し、ガス導管の安全を維持管理しております。

    万一の災害に備えて

    厚木ガスでは、地震発生時の動員体制の整備、地震を想定した独自の防災訓練を実施すると共に、毎年自治体で開催される防災訓練に参加しております。また、災害時には災害対策本部を設置し効率的な復旧を行います。

    防災訓練(被害状況調査訓練)

    防災訓練(被害情報収集)

    防災訓練(災害対策本部設置)

  •  

    緊急対策

  • 耐震性の高いガス設備

    低圧ライン

    ポリエチレン管の強度試験

    低圧ラインは、地盤変動の影響を吸収する「ポリエチレン管」を採用しており、地震による損傷を最小限にとどめるように対策しています。

    中圧ライン

    阪神・淡路大震災

    中圧ラインは、強度や展延性に優れ、大きな地盤変動にも耐える「溶接接合導管」を使用しており、阪神・淡路大震災や新潟県中越地震でもその高い耐震性が確認されています。

    橋が落ちても、橋の横に添架されている中圧ラインは、大きく変形はするものの、ガス漏れは発生しませんでした。

    緊急遮断弁

    緊急遮断弁は、万一の災害時に配管ラインを遮断し、ガスをストップさせるための安全防災機器です。駆動源には大きなイニシャルトルクを発生できる炭酸ガスカートリッジ(炭酸ガスボンベ)をもちい、弁部にはボール弁を採用しているため、配管ラインを素早く確実に遮断することができます。

    地震発生時の安全対策

    低・中圧管のブロック化で被害の広がりを防止

    約5万5千件の供給地域を、単位ブロック6地区さらに詳細ブロック40地区に分割し、二次災害を防止するために、地域的にガスを遮断する導管網ブロックを整備してあります。このブロックは原則としてガスの供給は継続されますが、被害が大きいと判断された地域のみ、バルブを遮断し、その地域だけを切り離すことができる体制になっています。

    Siセンサー


    単位ブロック6地区には、SIセンサーを配置し、震災発生時には本社でSI値が分かるようになっており、細分化された40ブロックと共に情報収集やガス遮断などの管理体制をしています。

    復旧時の対策

    復旧の流れ

    復旧作業は、供給を停止した地域のうち、比較的復旧が容易な地域からスタートし、復旧日数をできるだけ短縮するよう取り組んでいます。

  •  

    自主保安について

  • 保安管理体制

    保安の確保に関するマネジメント

    当社は、地域社会のインフラを担うエネルギー事業者として、お客さまに安全に安心して都市ガスをご利用いただけるよう安定供給と保安の確保を基軸として、様々なお客さまサービスの向上に努めております。

    保安管理体制の整備

    当社は、保安管理体制を整備し、法定調査に加え、業務機会等を通じて自主的な保安活動に取り組んでおります。

    保安教育・訓練の実施等

    当社は、定期的にテーマ別の保安教育・訓練を実施し、保安業務に携わる担当者だけでなく、新入社員・女性社員の保安知識レベル向上にも努めております。

    保安業務

    CO中毒事故防止対策

    非安全型機器の撲滅に向けた取替促進に係る取組

    不完全燃焼防止装置の付いていない湯沸器・風呂釜をご使用のお客さまに対し、1年に1回安全に関するチラシを配布するとともに、個別の巡回点検を実施し、安全型機器へのお取替えをご提案しております。

    また、ガスの使用開始時と4年に1回以上の頻度で行う消費機器調査時に、使用上のご注意と安全型機器へのお取替えをご提案しております。そのほかセール時においても、ダイレクトメールを郵送し、お取替のご提案をしております。

    消費機器調査時の換気励行等の安全使用に係る取組

    屋内でのガス使用する場合の換気の必要性について、全てのお客さまに対し、1年に1回、専用のチラシを配布し、注意を促しております。

    また、ガスの使用開始時と4年に1回以上の頻度で行う消費機器調査時にも冊子を配布し、ご説明しております。

    消費機器および給排気設備のメンテナンスに係る取組

    ガス消費機器使用時の給排気不良事故事例にもとづき、特に安全対策強化が必要な業務用のお客さまについては、1年に1回の頻度で個別訪問巡回や安全使用に関する冊子の配布を実施し、ガス消費機器および給排気設備のメンテナンスの必要性についての周知をしています。

    また、ガスの使用開始時と4年に1回以上の頻度で行う消費機器調査時には冊子を配布してガス機器や給排気設備のメンテナンスの重要性について全てのお客さまに周知しています。

    業務用換気警報器の設置促進の取組

    ガスの使用開始時に、業務用厨房を所有するお客さまに対し、換気警報器の設置を促進しています。

    また、自社基準にもとづき、特に安全対策強化が必要な業務用のお客さまについては、1年に1回の頻度で行う個別訪問巡回の機会に業務用換気警報器の設置を強化しています。

    ガス漏えいによる爆発、火災事故防止策

    消費機器の正しい操作方法・安全な使用方法の周知に関する取組

    ガス機器の正しい操作方法と安全な使用方法について、全てのお客さまに対し、1年に1回、専用のチラシを配布し周知を行っております。

    また、ガスの使用開始時と4年に1回以上の頻度で行う消費機器調査時には、安全使用についてお客さまにご説明するとともに、冊子を配布しております。

    ガス栓や接続具の正しい接続方法の周知・確認に関する取組

    ガス栓や接続具の正しい接続方法について、全てのお客さまに対し、1年に1回、専用のチラシを配布し、周知を行っております。

    また、ガスの使用開始時と4年に1回以上の頻度で行う消費機器調査時には、接続不良やガス栓の誤開放等が無いよう、お客さまにご説明するとともに、冊子を配布しております。

    ガス警報器の設置促進の取組

    ガスの使用開始時と4年に1回以上の頻度で行う消費機器調査時に、全てのお客さまに対し、ガス漏れ警報器設置のお勧めをしています。

    また、設置済みのお客さまには期限満了前に、新しい警報器へのお取替えのご案内を郵送し、継続設置を勧めています。

    需要家への安全教育・啓発

    ガス展開催時には、保安コーナーを設けて、ご来場のお客さまに対して保安啓発活動を行っております。また、1年に1回安全に関する周知チラシを全てのお客さまに配布しています。

    保安表彰の受賞歴

    平成28年度 経年内管改善表彰制度(日本ガス協会)
    優秀業績賞 削減率部門 Aグループ1位表彰

  •  

    防災センター

  • 防災活動の中枢となる防災センター

    災害対策活動の拠点として防災センターを開設、災害対策本部室、スタッフルーム、会議室を常設、災害発生時に必要な備品等を備えております。

    また、停電が発生した場合のバックアップ電源として非常用発電装置が設置してあります。

    防災センター内災害対策本部

    災害時において集められた情報をもとに、重要事項の決定を行います。

    防災センター内スタッフルーム

    災害時外部の情報を収集整理し、復旧計画の作成・情報の発信を行います。

    防災センター非常用電源

    他の施設が停電しても、防災センターが機能するように専用の発電機(装置)を設置しています。