都市ガス 料金・検針のご案内


都市ガス料金について

  •  

    一般料金(ガス小売供給約款)

  • 一般料金(ガス小売供給約款)はすべてのお客さまにご利用いただける、基本となるガス料金プランです。

    一般料金(ガス小売供給約款)

    [45MJ/㎥・税込]

    1ヶ月のご使用量  基本料金 
    (円/月)
    基準単位料金
    (円/m³)
    単位料金(円/m³)
    ’22年06月
    検針分
    ’22年07月
    検針分
    ’22年08月
    検針分
    A 0m³から25m³まで 819.50 169.68 210.75 215.92 218.77
    B 25m³を超え80m³まで 1,860.10 128.06 169.13 174.30 177.15
    C 80m³を超え200m³まで 2,000.90 126.30 167.37 172.54 175.39
    D 200m³を超え500m³まで 5,138.10 110.61 151.68 156.85 159.70
    E 500m³を超え800m³まで 10,390.60 100.11 141.18 146.35 149.20
    F 800m³を超える場合 12,168.20 97.88 138.95 144.12 146.97

    料金計算方法

    早収料金 基本料金 + ( 単位料金 × ご使用量 )
    (1円未満の端数切り捨て)
    内消費税等相当額 早収料金 × 消費税率 ÷ ( 1 + 消費税率 )
    (1円未満の端数切り捨て)

    (注)単位料金とは基準単位料金もしくは、原料費調整制度に基づき調整した調整単位料金をいいます。原料費調整制度による単位料金の調整は毎月行われます。
    詳しくは「ガス料金の仕組み等」をご覧ください。

    2022年07月検針分のご使用量が30m³の場合(料金表Bを適用いたします) 計算例

    早収料金 1,860.10円 + ( 30m³ ×174.30円 )=7,089円
    (1円未満の端数切り捨て)
    内消費税等相当額 7,089円 × 0.10 ÷ ( 1 + 0.10 ) = 644円
    (1円未満の端数切り捨て)

    料金についてのご注意

    • 早収料金とは、検針日の翌日から起算して20日以内(早収料金適用期間)にお支払いいただく場合の料金です。
    • 早収料金適用期間を過ぎてお支払いいただく場合は、遅収料金を適用いたします。

    ※遅収料金とは早収料金を3%割り増しした額となります(遅収加算額)。 ※遅収加算額は、翌月以降の料金と同時にお支払いいただきます。

    過去の一般ガス料金表一覧

  •  

    ご家庭用選択料金(家庭用選択約款)

  • 家庭用温水暖房契約

    「ガス温水式床暖房」「ガス温水式浴室暖房」などを使っていると、年間のガス料金がおトクになる料金プランです。

    [45MJ/㎥・税込]

    契約名 適用期 1ヶ月のご使用量  基本料金 
    (円/月)
    基準単位料金
    (円/m³)
    単位料金(円/m³)
    ’22年06月
    検針分
    ’22年07月
    検針分
    ’22年08月
    検針分
    家庭用温水暖房契約
    その他期…4月~11月検針分
    冬期…1月~3月、12月検針分
    その他期 A 0m³から25m³まで 819.50 169.68 210.75 215.92 218.77
    B 25m³を超える場合 2,617.31 97.76 138.83 144.00 146.85
    冬期 A 0m³から25m³まで 819.50 169.68
    B 25m³を超え60m³まで 1,860.10 128.06
    C 60m³を超える場合 3,645.73 98.30

    ※家庭用温水暖房契約は、ご使用いただく期間によって適用される基本料金が異なります。

    家庭用コージェネレーションシステム契約

    「エネファーム」を使っていると、年間のガス料金がおトクになる料金プランです。

    [45MJ/㎥・税込]

    契約名 1ヶ月のご使用量  基本料金 
    (円/月)
    基準単位料金
    (円/m³)
    単位料金(円/m³)
    ’22年06月
    検針分
    ’22年07月
    検針分
    ’22年08月
    検針分
    家庭用コージェネレーション
    システム契約
    A 0m³から25m³まで 819.50 169.68 210.75 215.92 218.77
    B 25m³を超え80m³まで 2,942.39 84.76 125.83 131.00 133.85
    C 80m³を超える場合 3,404.83 78.99 120.06 125.23 128.08

    ※家庭用コージェネレーションシステム契約は、ご使用量によって基本料金および単位料金が異なります。

    過去の家庭用選択約款料金表一覧

  •  

    ガス料金の仕組み等

  • 原料費調整制度

    為替レートや原油価格の変動などによる原料費の変動をすみやかにガス料金に反映させる制度です。

    各月の平均原料価格が、基準となる原料価格(基準平均原料価格)に対し、上回りまたは下回る場合には、その変動額に応じ単位料金(1m³あたりの単価)を調整いたします。

    単位料金の調整

    平均原料価格の算定

    平均原料価格(円/トン) =LNG平均価格(円/トン) × 0.9479 + LPG平均価格(円/トン)× 0.0546 (算定結果の10円未満は四捨五入します。)

    変動額の算定

    変動額(円) = 平均原料価格(円/トン) - 基準平均原料価格(円/トン) (算定結果の100円未満は切り捨てます。) ※基準平均原料価格は42,470円/トンといたします。

    調整単位料金の算定

    調整単位料金(円/m³) = 基準単位料金(円/m³) ± 0.081(円/m³) × 変動額(円) / 100円 × (1+消費税率) (算定結果の小数点第3位以下は切り捨てます。) ※基準単位料金とは、基準平均原料価格(42,470円/トン)時の単位料金をいいます。

    平均原料価格の適用時期

    平均原料価格の算定期間並びに調整単位料金の適用月は以下のとおりとなります。

    適用の範囲

    ガス小売供給約款(都市ガス)料金・各選択約款料金・最終保障供給約款料金に適用します。

    単位料金のお知らせ

    適用する単位料金は、毎月の検針の際にお届けする検針票「ガスご使用量のお知らせ」等にてお客さまにお知らせいたします。また、単位料金の算定基礎となる平均原料価格については、本社および支店の店頭に掲示いたします。

    直近の平均原料価格(PDF)

  •  

    お支払い方法

  • ガス料金のお支払い方法

    ※口座振替・クレジットカード払いは、 お客さまからのお申し込みが必要となります。
    ※申込書は厚木ガスの各窓口もしくは、メール、お電話にてお取り寄せください。


検針について

  • 検針のご案内

  • 検針日

    ガス使用量を算定するため、毎月1回検針をおこないます。検針は当社が定めた日におこないます。検針予定日は検針票(ガスご使用量のお知らせ)に『次回検針予定日』として記載してお知らせします。

    検針方法

    検針員がお客さま宅を訪問し、ガスメーターの指示数を読み取り、ガスのご使用量を確認します。

    ガスメーターの指示数について

    ガスの使用量の単位は立方メートルです。ガスメーターには、1㎥未満の数字(最小0.001㎥)も表示していますが、検針時には、1㎥未満の指示数は切り捨てて読み取ります。

    ガス使用量の算定について

    前回の検針日のガスメーター指示数と今回の検針日のガスメーター指示数の差によって、その月のガスご使用量を算定します。

    算定例

    今回のガスメーター指示数(㎥) – 前回のガスメーター指示数(㎥) = 今回のガスご使用量(㎥)

    検針日ごとに検針票(ガスご使用量のお知らせ)が届きます。

    検針作業へのご理解とご協力のお願い

    ガスメーターが屋外に設置されている場合

    お客さま宅の敷地内にガスメーターが設置されている場合は、敷地内に立ち入り、検針させていただきます。お客さまがご不在の場合でも、敷地内に入り検針をさせていただくことがございますので、ご了承ください。

    検針ができない場合

    何らかの理由により、検針時にガスメーターの指示数を確認することができない場合は、原則として当月のご使用量を前月のご使用量と同量にするなど、『推定』によりガス料金を算定させていただきます。

    ガスメーターが室内に設置されている場合

    室内に立ち入りの際はお客さまにお立ち会いいただき検針させていただきます。ご不在などで立ち入り出来ない場合は改めてお伺いいたしますが、当社からの電話でお客さまにガスメーターの指示数をお読みいただく等のご協力をお願いすることがあります。

    検針についてのお願い

    ガスメーターの前には物を置かないでください。ガスメーターの指針が読めるようにお願いいたします。犬は放し飼いにせず、メーターから離れたところにおつなぎくださいますようお願いいたします。

  • 検針票の見方

  • 『ガスご使用量のお知らせ』および『ガス料金等口座振替済領収証』の見方は下記のとおりです。

    ①供給地点特定番号

    お客さまのガス使用場所を特定するのに必要な17桁の番号です。

    ②検針番号・お客さま番号

    当社でお客さまごとに独自に割り振らせていただいている番号です。
    お問い合わせの際には、この番号をお知らせください。

    ③ガスご使用者さま情報

    ガスご使用者さまのお名前、ご使用場所の住所等を記載します。

    ④検針年月・今回使用量

    今回の検針年月とガス使用量を記載します。今回使用量は今回指針から、前回指針を引いた値です。
    ガスメーターの交換があった場合は、メーター交換までの使用量が記載されます。

    ⑤ガスご使用量内訳等

    当月分の検針日(日数)、使用期間、今回指針、前回指針、早収期限日、口座振替予定日(またはお支払い方法)、次回検針予定日を記載します。
    また、ご参考として前年同月使用量を記載します。

    ⑥ご請求予定額

    今回のガスご請求予定額を記載します。(契約種別やその他諸条件により請求予定金額を表示できない場合があります。)

    ⑦請求金額内訳

    今回のガスご請求予定額の内訳を記載します。(契約種別やその他諸条件により請求予定金額を表示できない場合があります。) ガス料金(早収料金)のほか、遅収加算額や警報器リース代、その他料金契約により割引額などが表示されます。

    ⑧ご案内

    お客さまへお知らせしたいことがある場合に記載します。

    ⑨ご契約種別等

    お客さまのご契約種別を記載します。
    また、ガスご使用量から算定した当月の適用基本料金および当月・翌月の適用単価を記載します(契約種別やその他諸条件により料金表を表示できない場合があります。)

    ⑩ガス料金等口座振替済領収証

    前月分の口座振替領収証です。ガス料金等を口座振替でお支払いいただいた場合に記載します。
    (前月検針票でご案内した口座振替予定日に引き落としできなかった場合や、別途郵送にて領収証をお届けしている場合は記載されません。)


約款


割引契約のご案内

  • 新築割・きりかえ割

  • 戸建住宅(2世帯住宅を含みます。)又は店舗併用住宅の住宅部分で新たに厚木ガス(都市ガス)をご利用される方を対象とした、おトクな割引メニューがございます。

    • 新築又は建替をされるお客さまで、新たに厚木ガス(都市ガス)をご利用いただけるお客さま
    • 他燃料(オール電化住宅やLPガスなど)をお使いのお客さまで、新たに厚木ガス(都市ガス)に切り替えをされるお客さま

    詳細につきましては下記までご連絡ください。

    お問い合わせ先

    リビング開発課

    046-230-2357

    平日8:30~17:00